私たち阿波病院は、信頼、奉仕、進歩という理念を掲げ、信頼される病院、更に地域医療・保健に奉仕できる病院を目指し、職員一同、研鑽につとめ時代に遅れない最良の医療の実践を心掛けております。

 この度、阿波市およびその周辺地域の人々のいのちと健康を守ることを社会的使命とし、ここに「患者権利章典」を定めました。
  個人の尊厳
患者さんは、だれもが一人の人間として、その人格、価値観などを尊重され、医療従事者との相互の協力関係のもとで医療を受ける権利があります。
  安全、安心な医療を公平に受ける権利
患者さんは、適切な医療水準に基づいた安全、安心な医療を差別されることなく受ける権利があります。
  個人の情報が守られる権利
患者さんは、自らの状況を理解するために必要なすべての情報を受ける権利があります。また、病気や療養方法及び保健予防などについて学習する権利、治療や検査その他の医療行為を受けるか、あるいは拒否する権利があります。
  知る権利・学習する権利・選択する権利
患者さんは、自らの承諾なしに、診療の過程で得られた個人情報を第三者に対し、開示されない権利があります。
  患者さんに求められる義務
自身の健康に関する情報をできるだけ正確に提供する義務
良質な医療を実現するためには、患者さんは医療従事者に対し、患者さん自身の健康に関する情報(家族歴、既往歴、アレルギーの有無など)をできるだけ正確に提供する義務があります。
必要な治療や検査などに意欲的に取り組む義務
治療方針は、常に患者さんとの密接なコミュニケーションのもと、柔軟に見直していきますが、治療結果の向上のためには、医療従事者とともに病気を治していくという姿勢で、必要な治療や検査などに意欲的に取り組む義務があります。
他の患者さんが適切な治療を受けられるように配慮する義務
患者さんは、通常の社会生活にはない制約を受けざるを得ない場合もあります。病院の規則などを守り、他の患者さんが適切な治療を受けられるように配慮する義務があります。
診療に関する費用をお支払いただく義務
阿波病院の職員は、「患者権利章典」を日々の活動に生かし、信頼、納得の医療と福祉を実践して参ります。そのために、患者さん・地域住民の皆さまのご協力をお願い致します。
阿波病院における患者権利章典